ロックウェル・オートメーションが、インテリジェント・コンベア・システム大手のMagneMotionを買収

2月 10, 2016

iTRAKモーションソリューションを補完する高度なモーションテクノロジ

ミルウォーキー — 2016年2月10日(BUSINESS WIRE) — ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は本日、インテリジェント・コンベア・システムの大手製造メーカのMagneMotion (マグネモーション)の買収に合意したと発表しました。MagneMotionのシステムは自動車などの組立や包装、マテリアルハンドリングなどの産業用アプリケーションで幅広く利用されています。この買収によりロックウェル・オートメーションのiTRAKが補完されることになり、新技術が次々と登場するこの時代でもロックウェル・オートメーションの独立型カートソリューション製品のラインナップは最も充実することになります。

ロックウェル・オートメーションのモーションコントロール事業部のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるマルコ・ウィシャートは次のように述べています。「次世代の性能をお客様に提供するスマートマニュファクチャリング技術ですが、この度の買収はその製品ラインアップを充実させるという当社の戦略を進めるためのものです。我々が今持っている独立型カートテクノロジはMagneMotionのおかげで強化できます。最近、ジェイコブズ・オートメーション社と同社のiTRAK技術を買収しましたが、これはMagneMotionの製品ラインアップを補うものです。当社では、工場内での製品搬送が、1つの機械内で行なわれる場合も機械と機械の間で行なわれる場合も完全に制御され、プロセス全体で生産性と柔軟性を最適化できるようになると見ています。」

MagneMotionの代表取締役兼CEOであるトッド・ウェバー氏は次のように述べています。「この取引は当社事業の展開にとって、またMagneMotionの成長にとって理にかなっています。ロックウェル・オートメーションはプラント全体の制御と産業用オートメーションで業界をリードする企業です。この位置づけは我々がこのテクノロジをお客様に紹介していくうえでの絶好の機会となります。独立型カートテクノロジの利点が市場で認識されていくにつれ、世界的に展開しているロックウェル・オートメーションは非常に大きな財産となります。」

マサチューセッツ州デブンスに本拠を置くMagneMotionは、ロックウェル・オートメーションのモーション事業部のアーキテクチャ&ソフトウェア部門に統合されます。買収は今四半期に完了する予定です。

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションと情報ソリューションに専心する世界最大の企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ先

パトリック・ゴリス

財務・IR担当バイスプレジデント

414-382-8510

ppgoris@ra.rockwell.com

キース・レスター

広報マネージャ

414-382-4871 (o)

414-406-8882 (m)

klester@ra.rockwell.com